悪羅悪羅系&オラオラ

アルマーニ

ジョルジオ・アルマーニ

ジョルジオ・アルマーニは1934年イタリアのピアチェンツァに生まれる。ミラノ大学医学部に入学したが、兵役に入った後は医学の道に戻らずビジネスの世界へ。57年から64年までミラノの百貨店「ラ・リナシャンテ」でウィンドウドレッサー・バイヤーを務める。消費者の求めるデザイン・素材に詳しく、また生産工程流通に詳しく豊富な知識のあったアルマーニは、スカウトされたことを機に、65年に、セルッティのメンズウェア「ヒットマン」のデザイナーに就任。ニノ・セルッティからデザインを学んだ。1970年、ジョルジオ・アルマーニは独立しフリーのデザイナーとなる。紳士服デザイナーとして数社の仕事をこなす。75年、セルジオ・ガレオッティと共にジョルジオ・アルマーニ社を設立。このとき41歳。デザイナーとしては遅いスタート。これまではメンズデザイナーとして活動してきたが、このときレディースのデザインもスタートさせる。紳士服の機能性を応用し、女性らしい雰囲気、贅沢な素材と美しいシルエットに着心地の良さを追求し、絶妙なカッティング技術で一躍スターダムにのし上がる。すでにキャリアウーマン時代を迎えようとしていたアメリカのバイヤー、ファッション誌の注目を集めた。79年、エレウノのデザイナーに就任。

エンポリオ・アルマーニ

エンポリオ・アルマーニとは、ジョルジオ・アルマーニのヤングラインである。ジーンズやブルゾン、ポロといったカジュアルアイテムが中心。ロープライスでありながら、ハイエンドかつ斬新なデザインが愛されている