悪羅悪羅系&オラオラ

タトゥー

おしゃれのひとつとしてタトゥーを入れる者が、増加している。また、芸能人やアーティストたちもタトゥーをしている人たちが増加している。タトゥーを扱った雑誌も各種出版されていて、一部のアクセサリーや衣服など販売するお店などにおいては、タトゥーをしている店員が客にタトゥーを隠すことなく仕事をすることも珍しくない。しかしながら、タトゥーをしている者が通常の企業などで就職や就業することは非常に困難であり、また、タトゥーを除去することはタトゥーを彫ることよりも大変であり、さらには、完全にタトゥーを除去することは不可能であるため、タトゥーをしている者は企業における業務や出世などに悪影響を及ぼすということは覚悟をしなければならない。それゆえ、アーティストや芸能人などにはなれそうにはないけれども、一般的な企業への就職を考える場合は、特にタトゥーを入れることに対するリスクを慎重に考えるべきであろう。若者を中心に、呼び方が「刺青」から「タトゥー」に変化した事で、気軽に呼ばれるようになったが、刺青のリスクまで軽視しがちになっているのは問題であると言える。